第63回日本リンパ網内系学会学術集会・総会 第26回日本血液病理研究会

リンパ網内系学会 演題募集

一般演題申込(オンラインのみ)

2022年12月15日(木)~2023年1月30日(月)

応募資格

ご登録いただく演題の筆頭発表者は会員に限ります。
非会員の方は学会事務局で入会手続きをお済ませください。
ただし、初期研修医、大学院生(医師・歯科医師以外)、留学生、外国人は非会員でも筆頭発表者として登録が可能です。

日本リンパ網内系学会 事務局
岡山大学学術研究院保健学域 分子血液病理学内
〒700-8558
岡山市北区鹿田町2-5-1 総合教育研究棟7階
TEL:086-235-7424
E-mail: jsltr@okayama-u.ac.jp

演題申込方法

  • インターネットでのオンライン投稿のみとなり、FAXや郵送による受付はございません。
  • 本ページ下部の「演題登録はこちら」ボタンからご登録ください。

※締切直前はアクセスが集中し登録に時間がかかることが予想されますので、時間に余裕を持ってご登録をお願いいたします。

利益相反の開示について

筆頭発表者は、演題登録時から遡って過去1年間における発表する内容に関連する企業・法人組織や営利を目的とした団体との利益相反状態の有無など本細則に定める申告すべき事項を学会当日の発表の際に、開示していただきますようお願いいたします。

COIフォーマット

登録要綱

  • 1)発表形式は、口演発表とポスター発表です。(選出された優秀演題は口演発表となります)
    ※ポスター発表として応募された演題も口演発表として採択される可能性がございます。
  • 2)分類を選択ください。
    <分類>
    01 リンパ腫 基礎 11 リンパ球・形質細胞
    02 Bリンパ腫 臨床 12 胸腺・骨髄・リンパ節
    03 T/NKリンパ腫・ホジキンリンパ腫 臨床 13 病理
    04 その他のリンパ腫 臨床 14 免疫
    05 骨髄腫・形質細胞腫瘍・蛋白異常症 基礎 15 感染
    06 骨髄腫・形質細胞腫瘍・蛋白異常症 臨床 16 染色体・分子生物学
    07 リンパ腫類縁疾患 17 臨床検査
    08 白血病・MDS 18 臨床試験・治験紹介
    (Trials in Progress)注)
    09 細網細胞・樹状細胞 19 造血幹細胞移植
    10 マクロファージ 20 その他

    注)「臨床試験・治験紹介(Trials in Progress)」セッションの発表形式はポスター貼付のみです。
    詳細はこちらをご確認ください。

  • 3)制限文字数
    演題名:全角100文字(半角200文字)以内
    抄録本文:全角672文字(半角1344文字)以内
    • ※図表の登録はございません。
    • ※特殊文字(ISO 8859-1)の使用はできません。
    • ※発音記号の使用はできません。
    • ※歯式の使用はできません。
  • 4)アンコール(Encore)投稿も歓迎いたします。ただし以下の点にご注意ください。
    • ①おおよそ1年以内の海外学会で発表した演題に限る(国内学会は不可)。
    • ②発表したことを明示する。
    • ③版権が生じている場合は発表者が、承諾を得る。
  • 5)論文発表された臨床試験を含む研究成果の演題投稿も歓迎いたします。ただし以下の点にご注意ください。
    • ①Updateされたものが望ましい。
    • ②版権が生じている場合は発表者が、承諾を得る。
    • ③抄録にも発表論文が分かるように記載する。

演題登録の流れ

登録は、「STEP1 申込連絡担当者登録」、「STEP2 抄録登録」の2段階に分けて行います。

STEP1 申込者(責任演者)登録

申込者(責任発表者)の名前と連絡先を登録し、申込番号・ログインID・パスワードを取得します。

  • ※申込者は原則、筆頭発表者としてください。
  • ※こちらで登録のメールアドレスに演題・参加登録に関するご連絡が通知されます。
  • ※このログインIDとパスワードは、参加登録にも利用可能です。
  • ①「申込連絡担当者登録」をクリックします。
  • ②「個人情報のお取り扱いについて」をご確認の上、「上記規約に同意します」をチェックし、「申込連絡担当者登録画面へ進む」をクリックします。
  • ③ 名前、連絡先、日本リンパ網内系学会の会員番号を入力してください。
  • ④ ご希望のログインIDをご自身で決定の上、登録内容の確認画面へをクリックします。
    内容に間違いないかご確認の上、「確定する」をクリックすると、STEP1完了となります。
  • ⑤ 入力されたメールアドレス宛に登録完了の通知メールが1通届きます。
    自動発行されたパスワードが記載されていますので、大切に保管してください。
    ログインIDはメールに記載されませんので、忘れないように必ず控えてください。

STEP2 抄録登録

  1. ◆ STEP1からそのまま作業を継続する場合
    STEP1 完了後表示される「投稿システムへ」をクリックして、投稿画面に進んでください。
  2. ◆ 事前参加登録がお済みでIDとパスワードを取得している場合、またはSTEP1終了後、作業を中断している場合
    Webエントリーシステム入口の『申込確認・変更』より、取得したログインIDとパスワードを使用してログインしてください。

※本ページ下部の「演題登録はこちら」からもお進みいただけます。
メインメニュー上部、「抄録投稿」をクリックし、投稿画面に進んでください。

投稿画面での入力方法

  • ① 全著者(全発表者)の所属施設を入力してください。
    ※所属施設が複数ある場合は、「追加」ボタンをクリックして、入力欄を追加してください。
  • ② 筆頭発表者・共同発表者の氏名、ふりがなを入力し、上記で入力した所属機関の番号を選択してください。
  • ③ 発表形式(口演・ポスター)と、演題分類を選択してください。
  • ④ 学術奨励賞選考:本ページ下部の応募資格をご確認の上、希望有無を選択してください。
  • ⑤ 演題名:全角100文字(半角200文字)以内
  • ⑥ 抄録本文(全角672文字(半角1344文字)以内)を入力してください。
  • ⑦ 「抄録ファイルを表示する」をクリックし、表示されるPDFの内容に間違いがないかご確認ください。
  • ⑧ 内容の確認後、「抄録を投稿する」をクリックしてください。

    ※「抄録を投稿する」ボタンをクリックせず、ファイル表示のまま終了された場合は、
     抄録登録が完了しませんのでご注意ください。

  • ⑨ 抄録投稿が完了すると、ご登録のE-mailアドレス宛に投稿完了メールが届きますのでご確認ください。

登録演題の確認・修正・削除

演題申込締切日までは何度でも登録した演題を確認・修正することが可能です。

本ページ⼀番下の「演題登録はこちら」ボタンをクリックしてください。
ログインIDとパスワードを入力してください。
画面上で修正し、最後に必ず「抄録を更新」ボタンをクリックしてください。これで修正は完了です。

※修正は必ず上記の方法で行ってください。再登録しないようにお願いいたします。
削除も同様の方法で可能ですが、⼀旦削除しますと元には戻りませんので、「修正・削除」のボタンの押し間違いには、十分ご注意ください。

その他注意事項

  • ※ご自身のコンピュータ環境によっては、ファイアーウォールなどの影響でホームページから演題を登録できない場合があります。病院などのPCで登録できない場合は、ご自宅のPCなどを使用し、再度アクセスしてください。
  • ※登録者が間違えて入力した内容についての責任は負いません。登録ボタンを押す前には内容に不備・間違いがないか再度確認してください。

演題の採否

演題の採否は会長にご一任願います。
採否演題の通知は、E-mailにてご連絡いたします。

学術奨励賞選考について

応募資格

  • 学術奨励賞対象者 は年齢40歳以下の演題登録時に会費を完納している学会会員
  • 学術奨励賞の受賞は1回限り

選出/発表について

  • 学術奨励賞を希望する演題から優秀演題を選出します。
  • 選出された優秀演題は口演発表となります。
  • 当日発表された優秀演題より、2演題(基礎1名、臨床1名)を学術奨励賞として、翌年の総会にて表彰いたします。

海外渡航援助について

応募資格

  • 海外渡航援助申請対象者は年齢45歳以下の演題登録時に会費を完納している学会会員

選出/発表について

  • 一般演題から優秀演題を選出し、選出された演題は口演発表となります。
  • 当日発表された優秀演題より、3演題を海外渡航援助演題として、各演題5万円を助成します。

応募用紙はこちら:kaigai.docx(live.com)

  • ※尚、学術奨励賞と海外渡航援助の重複は可能です。
  • ※海外学会は、欧米の血液系、内科系や病理系を対象とし、ASH、ルガノミーティング、ASCOなどが該当です(日本リンパ網内系学会総会で発表されたあと約1年以内に開催されるものが対象です)。
  • ※申請者は、海外学会抄録の提示と優秀演題の海外学会への渡航援助申請書を、当該リンパ網内系学会総会にて発表後、1ヶ月以内に日本リンパ網内系学会事務局に提示し、さらに海外学会参加証を後日郵送してください。
    (写しで結構です。また海外学会からの演題acceptの通知も提出してください)詳しくは下記URLの《海外渡航援助申請書》をご覧ください。
    https://www.jsltr.org/katsudou.html

注)臨床試験・治験紹介(TRIALS IN PROGRESS)について

日本リンパ網内系学会では、「臨床試験・治験紹介(Trials in Progress)」セッションを設けております。
本セッションは進行中の臨床試験・治験に関する会員・参加者への情報提供と、患者登録の推進を目的としています。ふるってご応募ください。
発表形式はポスター添付のみで、規定の討議時間はありません。また抄録は予稿集には掲載されませんのでご注意ください。応募いただいた抄録は当日会場で配布されます。
対象となる臨床試験・治験は、①抄録締切日時点において患者登録中の試験、②抄録締切日時点において登録終了後で経過観察中であり、予め規定されたエンドポイントに関する解析が行われていない試験となります。抄録作成時の注意点を下記に示します。

発表形式

ポスターのみです。
規定の討議時間はなく、ポスター貼付のみとなります。
抄録は予稿集には掲載されませんのでご注意ください。応募いただいた抄録は当日会場で配布されます。

対象となる臨床試験・治験

以下のいずれかに該当するものを対象とします。

  1. 抄録締切日時点において患者登録中の試験
  2. 抄録締切日時点において登録終了後で経過観察中であり、予め規定されたエンドポイントに関する解析が行われていない試験

抄録作成時の注意事項

  • 筆頭発表者は本学会員で医療機関所属の医師に限ります。
  • 背景(Background)、方法(Methods)の2パラグラフ構成としてください。
  • 背景(Background)の部分には、学会あるいは論文で発表済みのデータのみを記載してください。方法(Methods)の部分には、患者登録状況以外の当該臨床試験・治験の結果(暫定を含む)を含めないでください。
  • 表題、抄録本文とも、薬剤の商品名を含めないでください。
  • 臨床試験登録が行われている臨床試験の場合は試験番号を記載してください。

採否決定

通常の抄録と同様に査読により審査されます。最終的な採否は総会長に一任ください。
表題や抄録本文に薬剤の商品名を含む抄録、未発表データあるいは結果(暫定を含む)を含む抄録は査読対象外となりますのでご注意ください。

お問い合わせ先

お問い合わせは第63回日本リンパ網内系学会総会運営事務局へE-mailでお願いいたします。

第63回日本リンパ網内系学会総会運営事務局(演題登録係)
株式会社JTBコミュニケーションデザイン 事業共創部内
E-mail: jsltr63@jtbcom.co.jp

演題登録はこちら

事務局
埼玉医科大学 国際医療センター
造血器腫瘍科
〒350-1298 埼玉県日高市山根1397-1
運営事務局
株式会社
JTBコミュニケーションデザイン
〒105-8335 東京都港区芝3-23-1
セレスティン芝三井ビルディング12階
※運営事務局はテレワークを実施しております。お問い合わせはE-mailでお願いいたします。 FAX : 03-3452-8550
Email : jsltr63@jtbcom.co.jp